2007年08月01日

食で見る血液検査

血液検査の結果を観て・・・どれくらいの人が理解できているのだろう???

私は15年以上、病院から、この結果表をもらっているけれど。。

同じ病院なのに、この長い期間に『基準値』を変えておいて〜
続きを読む
posted by NATSUKO at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

新谷弘実氏

私が新谷弘実さんの名前を始めて知ったのは1993年、逸見政孝さんの胃癌の手術の時。

逸見さんが始めにかかっていた前田外科病院(現・前田病院)での手術の執刀が、新谷さん。
続きを読む
posted by NATSUKO at 02:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

薔薇の香りで記憶力up〜♪

嬉しい発表がドイツより〜

記憶力の向上にはバラの香りが有効=独調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000468-reu-ent

続きを読む
posted by NATSUKO at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

死の哲学

先日、アルフォンス・デーケン氏の講演に行って来ました。上智大学の名誉教授。ドイツ人。
1932年生まれだから、今、74歳…かな。
日本において『死生学』の第一人者として菊池寛賞も受賞してらっしゃる。

デーケン氏も、癌になったコトがある人で。。。だから、癌に関わる話も多かった。
続きを読む
posted by NATSUKO at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

医龍・最終回

終わってしまった。感動だった。ウルウルきてしまった。。
続きを読む
posted by NATSUKO at 01:44| Comment(2) | TrackBack(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

ストレス

『ストレス』って言葉のイメージ・・・多くの人は「良くない外的刺激」って捉えてる・扱ってますよね。でも、私は、ストレスには、プラスのストレスとマイナスのストレスがある☆なんて思ってます。
続きを読む
posted by NATSUKO at 01:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

セルフ・メデュケーイション

『自分の健康は自分で守る』…公的保険のないアメリカでは、この自己管理の精神が進んでいます。当然ですよね。
日本の社保庁のやりたい放題…と同じくらいに、日本の患者達もやりたい放題です。
皆さん。。病院の食事が終わる頃の時間に入院の病棟を覗いてみて下さい。病院の売店、病院内の食堂・レストランを覗いてみて下さい。
病院食の配膳台には「今から配るの???」ってくらいに見事に残しています。手もつけてないモノもイッパイあります。
続きを読む
posted by NATSUKO at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

医師の本音・ブログ

最近の医者・・・婦人科・小児科を専攻する医者が減っているのだとか。先日、婦人科の医師が逮捕されたよね。この逮捕で拍車をかけているのだそう。。
当然だと思う。あの事件を読んでみたら、誰だって「労働条件が不可能」であって、医師に落ち度はないって明確だよね? でも、逮捕されたのは医師。
小児科や婦人科(特に産科)は誤魔化しがきかないもんね。
『医龍』をみても判るように「手術室では死なさない!」が日本の外科の常識。患者側は大きな病院の偉い先生に切ってもらって死んでも文句を言う(不信に思う)人って少ないモンね。

命がかかっている患者達が、偏食をし続けて病院食を残しているように、医者が自分の人生をかける『科』をえり好みするのは当然だよね。
日本中、責任転嫁。自分のコトは棚に上げて、他人の責任だけ追及する。
続きを読む
posted by NATSUKO at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。