2007年08月01日

食で見る血液検査

血液検査の結果を観て・・・どれくらいの人が理解できているのだろう???

私は15年以上、病院から、この結果表をもらっているけれど。。

同じ病院なのに、この長い期間に『基準値』を変えておいて〜
私は、赤血球や白血球、肝臓の数値がいつも「多い」と主治医から言われてしまう。
(私が多くなったんじゃなく、病院が下げているクセに。。)

私が通っている病院は名古屋。名古屋の他の病院の基準値は似たり寄ったりだけど。

四国や三重県、静岡の病院の基準値や、献血センターの基準値だと、私はまったくの正常値vv
(これを私は、海のモノを食べている地域 と区別しています)

これがまた、東京や大阪の大きな病院の基準値となると、もっともっと悪く(?)設定されているから、私は、

「血が濃過ぎる!」
「肝臓が男並みだ!」
「免疫が強すぎる!」(しかし自己免疫不全の兆候はカケラもない)

となる(^^ゞ

女は、生理があるから、血が薄いのは当然
女はアルコール分解等、男よりも劣っている
白血球を増やす薬ができているのだから、昔ほど免疫を上げておく必要はない

??????ってことなのかな??
(そんな『健康な数値』を「異常だ!」と言ってしまう病院って怖い(^_^;))

だから〜こんな曖昧な医学的な観方ではなく、私は『食』に繋げて血液検査を観るようにしています。

「風邪をひいてばっかり」って人は、やっぱり傷の治りも遅いし。
採決の時、血管から血液が漏れる人は、やっぱり肌に張りが無いし。

。。。そんなこんな〜
名古屋の手羽先屋さんで、折角の手羽先の『軟骨部分』を残している人を観ると・・・やっぱり弛んでるし。

果物や生野菜が嫌いって言ってる人って、体臭がするし。
玄米菜食やってる人って、シミが多いし。


なぁ〜んて、食と、その人の風貌を観るようになって10ン年。ここに『血液検査』を繋げて観てみると、面白いくらいに

「血は嘘をつかない!!」

勿論、化学・生化学の高校や大学の教科書で裏づけをとりながら〜^^

病院で「お任せ」で医療行為を受けるのではなく、私は、血液検査の結果のコピーをもらって、『食』で自己管理を続けています。
ついでに近しい人の相談にも乗っている間に、い〜っぱい日本各地の病院の検査結果が手元に集まったから。。。だから「どうしてこんなに病院によって『基準値』が違うのだろう???」と不思議でした。

で、や〜っぱり癌になってる人・癌が重くなっていく人は、低タンパクだし、血が薄い。
・・・って言うより、健康な人の血液検査も観るけれど〜健康な人はやっぱり、そこそこタンパク量が満たされているし、赤血球も充分な数値が並んでいる。白血球の数値だって・白血球像だって、やっぱりそこそこのバランスを持っているvv

血液は、血球と血漿。
血球は、白血球と赤血球と血小板。
血漿は、水分が90%ほどで、タンパク質が8%。そしてその他の電解質がそれぞれに。

このタンパク質が6も無い人が居る。
総タンパクが8%あってもアルブミンが低くちゃ、肝臓でアミノ酸を合成できていないから、これも危険だと思う。

貧血になると、多くの人が『=鉄』としか考えないようだけど。貧血の元は、低タンパクが関わっているコトが大半。

地球の上で生きていて〜
『鉄』を持っている食べ物が『タンパク質』を持っていないって。。。無いよね。

今、日本の・・・例えば【ほうれん草】
もう根っこが赤いほうれん草って無いよね。
あの『赤』が鉄。だから〜日本の今の土壌から『血を作るもの』を得ようと思っても無理かも。

丸魚・あわび・牡蠣・サザエ・・・お腹のトコロや味噌。
貝類は数で勝負vv
他は、やっぱり海の海藻だよね^^ひじきが海藻の一番お勧め☆
マグネシウムが豊富で、血になり易いvv

〜〜〜って、こんな風に、血液検査を『食』と繋げて観始めるとホントに面白い。

どんなに本人が「食べているつもり」になっているのか。。。血は嘘をつかない。

mixiの中に『食で観る血液検査』コミュを作ってみました。
管理人の承認が必要で非公開。

条件は、ご本人の血液検査結果と、食のチェックシートを持ち寄ること!

どんどん『食』で血液検査を観れる人・そして自己管理できる人が増えるといいなぁ〜^^
posted by NATSUKO at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49957896
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。