2006年06月02日

アンチ・エイジング


ITニュースでみつけました。
***********
goo注目ワード ピックアップ・・・アンチエイジング料理
2006年 6月 1日 (木) 13:05
最近増えた顔のシミ。笑いじわがそのままキープされる恐ろしい形状記憶機能。夕方に鏡を見たら朝とは別人の顔が映し出され…えっアタシ??歳を重ねるたびにひしひしと感じる老化現象。これを少しでも遅らせようというのが、アンチエイジング、「抗老化」です。

規則正しい生活を送るのはもちろんのことですが、日々のケアを継続することが重要なんだそう。そこで、内側からの対処方法として、毎日の食事から取り入れるアンチエイジング料理はいかが。
 近頃では、おいしく食べることができ、かつ、体に良いアンチエイジング料理を取り扱うレストランも増えてきているようです。また、NPO法人アンチエイジングネットワークのサイトでは、効果が期待できそうなレシピの紹介もされており、これなら気軽に始められそう。
 アンチエイジングとしてよく知られている物質にコラーゲンが挙げられます。これは骨や関節を形成したり、ハリを保つ役割をする動物性たんぱく質で、肉や魚の骨や軟骨に多く含まれているもの。吸収にはビタミンCが必要で、組み合わせて摂ることをおすすめします。
 ふかひれスープに軟骨の唐揚、デザートはレモンのゼリー。これでしばらくはプルプルのお肌が持続!なんてワケにはいきません。大量に摂取しても、吸収されない分は排出されてしまうのだそう。日頃からバランス良く、欠かさず摂取することを心がけたいものです。デート前だからと言って過剰摂取してもダメ、美は一日にしてならずです。はい。(gooサーファー)
****************
つまりは、動物性を摂らないと『アンチエイジング』は実現難しそうですよね。
玄米菜食やら、マクロビやら流行っているけれど〜それって、昔のビンボーな日本の食事。日本人の老人の腰が真ん丸く曲がってた時代。貧困な人は野菜しか食べられなく・タンパク質が不足して腰が曲がってたっけ。。老化が進むと・・・また日本に腰の曲がったお祖父さんやお婆さんが姿を見せるようになるのかな???

で、ゼリー。最近の市販のゼリーには要注意☆ ゼリーってゼラチン、ゼライスで作るとばかり思っていたら、最近の『添加物』の技術向上により、増粘多糖類なぁ〜んてモノで固められているっつうモノが氾濫しています。これではアンチ・エイジングどころか体を汚してしまいそうですよね。コラーゲンの為に〜なんてウラも見ないでお買い上げにならないように☆
posted by NATSUKO at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディメイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。